スポンサーサイト

Posted by ukifil on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*少し冷静に…*

Posted by ukifil on 16.2011 過去ブログ 1 comments 0 trackback
昨日、無事に市役所に義援金を託してきました。


お買い上げ頂いた方々。


そして、何より同じ想いでいてくれるa.coちゃん。


ありがとうございました。



関西では、阪神大震災を体験した方が多く、沢山の人が色々な形で支援出来ないか、模索中だと思います。



私はとても気持ちが高ぶって、


何かしなければ‼何かしたい‼


という想いが先走りしています。



そんな事に気づかせてくれた記事がありました。



仲良くさせて頂いている、19.ingさんの記事を読み、涙が溢れました。



ご本人のご了承を頂き、少しでも多くの方に知ってもらうため、コピペさせてもらいました。


阪神大震災で被災された方の生の経験談です。



以下コピー


落ち着いて考えてみる。


今回の地震の件で いろいろな方がいろいろな記事をアップされてます。


心配なのは きっとみんな一緒

なにかできることがないか、と思うのもきっとみんな一緒。


テレビや新聞で 事実を見て

もし今自分の住む場所で同じことが起こったら。

とみんなが考えただろうと思います。




今日も いつもどおり 早朝から部活へ出かける息子。

息子はなんとも思ってないだろうけど

送り出す私は不安でしょうがない。


もし 今日 なにかあったら・・。


そんなことばかりが頭のなかをグルグルとします。






16年前、阪神大震災のとき

地震の起こった当日 旦那と西宮に行きました。

電車が途中までしか走ってなくて

とりあえず いけるところまでいって そこから 長い長い距離を歩きました。

歩いてると サイレンの音や 泣き叫ぶ声。

そして たぶん二階の屋根であろう建物が 地面のすぐそばにある現実。

血だらけの道路。

いまでも忘れられません。

ほんとに 教科書でしかみたことがなかった 戦時中の町並みそのものでした。




全壊した 旦那の実家では かろうじて 両親は無事でした。



ほんとによかった、と涙を流しながら喜びました。



だけど ほんとに大変だったのは その後です。




何度も 随分遠くの小学校まで 水をもらいにいかないといけなくて。

食料も毎日毎日 おにぎりかパンか カンパン。

トイレも水が流れない状態。

もちろん 家もありません。



一番最初に 電気が復旧しました。

お米を探しあて 小さな炊飯器で米を炊き ご近所さんたちと 

炊き上がったお米をみて ほんとに幸せな気分になりました。





地震が起こってすぐは みんな なんとかしてあげたい!と思うんです。

だけど だんだん テレビでも そのニュースが少なくなってきて

だんだん みんな少しずつ忘れてしまう。

だけど そのころが一番大変。


現実的に 住むところの心配をしなきゃいけなかったり。

食べ物もいつまでも 配給があるわけではありません。



だから 今すぐ!と思わないで

できれば ずっとずっと 長い目で見て 考えて・・。


義援金もずっと必要なんです。



今 なにかしてあげたくても 

今 ほんとに力になれるのは もっと大きな力しかないんです。

自衛隊だったり。

海外支援だったり。

国だったり。

自治体だったり。

そんな大きなレベルの人たちしか 直接なにもしてあげられない。



節電も大事かもしれないけれど

できれば

ずっとずっと なんとかしてあげたいという気持ちを忘れないで・・。



落ち着いて これから ゆっくりと なにかできることを 少しずつ

やっていきませんか?






みなさまの ご無事を お祈りしております。

まだ 行方のわからない方々が 一人でも多く

無事に救助されますように。



……………


いかがでしょうか。少しでも共感し、冷静になって下さる方があらわれますように…













iPhoneからの投稿
関連記事
スポンサーサイト

私もそう思います。
日本の国がこんなに大変な時に、募金をすることしかできず、ただただ普通の日々を送っていていいのか?と思ったこともありましたが、
阪神大震災時も株が暴落し、経済がかなり悪化したと聞いています。国の経済が悪化してしまえば、被災地を復興させることができなくなるなって思いました。
経済を維持させるためにも普通に生活を送らなければと思います。

この前、私も気になるメッセージを読みました。
被災した人のメッセージか何かで、
「平常の生活ができる人の、過剰な自粛に反対です。
被災者の望みは「普通の生活」に戻ること。
戻ってこれる場所を、どうぞ維持してください。」
っていう文面。
復興のためにも落ち着いて生活することが大事なんだなと思いました。
2011.03.16 19:17 | URL | 花ずきん #79D/WHSg [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ukifil.blog.fc2.com/tb.php/204-f4b39b4a

プロフィール

ukifil

Author:ukifil
ukiという名前でa.coと2人でハンドメイドアクセサリーを制作して活動しています。

アクセサリーは全て一点物。
アンティークパーツやイロイロなイロの糸を使った糸アクセサリーで

暮らしにささやかなイロドリを添えられるような物づくりを心掛けています

shop名はfil(フィル)

webshopはこちらhttp://ukifil.cart.fc2.com/

*a.coは現在活動休止中です。詳しくはブログcoloreへ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。